貧乏性主婦の意地

天気が良い日には洗濯を沢山します。

最近はちょっと食べてもすぐに体重が増えてしまうのでそうならないために洗濯ものを干す時にもつま先立ちしたりスクワットをしたり、とにかく体に負荷をかけることに取り組みながら。

やはり年齢を重ねるとどうしても代謝って落ちがちですもんね。なのでそうならない方法をいろいろ調べては試すようにしてるんですよ。

運動をしながらだと結構ハードな運動になるんです。特に大きなものを洗濯するときなんかは、ベランダは洗濯物で一杯になります。

しかし最近大物の洗濯に少し恐怖を覚えているのです。

ベランダの壁にかけてひっかける、大型の洗濯バサミが劣化してきているんです。

嫌ですよね、プラスチック類の紫外線劣化は。洗濯用品は大抵1~2年でダメになります。

先日、一つの大型洗濯バサミが使用中に破壊しました。

バネで引っ張っているから、破壊というよりは破裂に近い感じです。

残っている洗濯バサミも全て同じくらいの劣化度です。

捨てればいいのでしょうけど、貧乏性だから捨てられません。

そしてまた、あの洗濯バサミを使って破裂させて痛い目に合うんでしょうね、貧乏性の主婦は。

結構、痛いんです、でも壊れるまで使います。